読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

44 子宮動脈塞栓術(UAE)体験記

2016年6月末に44歳9か月でUAEを受けました。自分の備忘録を兼ねつつ、この体験記が今後受ける方のお役に立てればいいなと思って書いてみることにしました。

病院決める

2016年1月は病院探しを完全に放棄。

MRI検査しないと秋の人間ドックで更に怒られるのが目に見えてるので、行かないといけないのはわかってるんだけど、面倒でどうにも行く気力が沸いてこない。

そんな中、2月上旬に会社の同世代女子飲んべ4人組で飲み会があった。

生ビールで乾杯するやいなや、45歳飲んべAさんが「私、4月に腹腔鏡で子宮全摘の手術するからさ!」と告白したからビックリした!

 話を聞けば、月経過多で貧血も凄くて、好きな山登りさえままならず、生理になると日常生活に支障を及ぼす位にひどいと言うことだった。

「もう妊娠することもないだろうし、使わないからさ、取っちゃおうと思ってね。」って明るく言ってた。

「今が結構辛いから、早く手術してしまいたい。」とも話していた。

私同様に人間ドックで子宮筋腫を指摘されてから、約4年で症状も酷くなり、自分で都内の病院を色々調べた結果、自宅沿線の大学病院に決めたとのこと。

子宮筋腫の手術で有名なJ病院は手術まで1年~1年半待ちらしいとのこと。

ただ彼女も手術を決めたのは10か月前だったらしく、子宮筋腫で悩んでいる女性は多いのか混んでるとのことだった。

私も筋腫つながりの勢いで、現状を話すとみんなから「早く行った方がいいよー。」とアドバイスされた。

 

そ、それは分かってるんだけどさー。

 

これで、私の周りで子宮全摘手術した人は2人。2人とも腹腔鏡手術で1人は仲の良い友達で2人の子持ち、1人は前述のAさんで私と同じく子供はいない。子宮筋腫に子供の有無は関係ないんだなって思った。

 

さて、アラフィフのせいか、45歳飲んべBさんも人間ドックの結果を受けて、大腸内視鏡検査を受けたり、婦人科に通ったりと着々と自己管理を進めている。

 

ヤバい。。。私も本腰を入れてMRI検査をとりあえず受けに行かねば。。。

 

とりあえずMRI検査を受ければいいんだから、手術の実績よりもMRI検査ができる病院に焦点を当てて、2つピックアップした。

会社を極力休みたくない(どちらかというと上司に言いたくない)私は、土曜も診察している大学病院に行くことにした。

ここまで来れば、あとは勢い!!

人間ドックの病院から紹介状ももらってるし!!電話するだけ!!

ぐずぐずしてたけど、決まれば早い!

 

ドキドキしつつ仕事をサッと抜け出して電話をし、土曜希望を伝えると2月下旬 10:00で予約が取れた!

よっしゃ!あとは行くだけよ!

 

しかし大きい病院っていうのは、なぜに駅から遠いんだろうね。。。

敷地を確保できないのかもしれないけど、不便だとちょっと及び腰になるよ。それでなくても行きたくないのにさ。

 

【訂正】予約は 「9:00予約、初診は30分前に受付する」でした。約半年前だと記憶も曖昧になってくるのね。